>  > 高級店は雰囲気が違います

高級店は雰囲気が違います

女の子が服を脱がしてくれて。靴下やパンツまでもキレイにタオルに包んでくれます。それから、お楽しみの時間ですね。まずは、熱いハグからそして濃厚なディープキッス、ソープ嬢もベロ先をガンガン入れてきます。さすがに最高級ソープですよ。このあたりそこらの通常店とは違います。そして、ややぽっちゃりのソープ嬢の唇は、段々と下へ・・。まずは敏感な乳首を入念に舐められます・・そのころには、すでにちんこは、カチンコチンコですよ。ちょっと触れられようものなら、ビクンっとなるほど敏感になっています。私の早くいじってほしい・・との思いを察したのか、風俗嬢は、キンタマ袋から入念にお清めです。そして、メインのちんこに到達するころには、私の息が荒くなってしまい、女の子は自ら素っ裸になります。そして、ベッドへ導かれて今度は女の子を攻めます。緊張の中で焦りが出ないようにおっぱいからゆっくりゆっくりおまんこへ。小さいクリトリスを見つけて執拗に攻めると・・女の子は二度も逝ってくれました。

[ 2016-04-24 ]

カテゴリ: ソープ体験談